演奏会の準備

2017/11/17


フルートの先生が出るちょっとした演奏会に、一緒に出させていただくことになった。先生と、もう一人おばさまと3人で、「アレクサンダー・チェレプニン」という人が書いたトリオを練習。楽譜を貰った時は、「何これ?」という感じだったのだけれど、3人であわせるとジグソーパズルをあわせるように、ふわぁぁ〜っ!!!と曲が浮き出てきて、うわ〜素敵!そしてほこほこ幸せな気持ちになった。音楽にも点描、ってあるのかなぁ。一人で演奏しても意味不明なものが、2つ、3つと重なることで一つの絵になっていく感じ。一人でやるのも楽しいけれど、他の人と合わせるのって、何か温かいものに包まれるようで、とっても気持ちよい。ほあぁぁ〜。ソロでも1曲やらしていただけるとのことで、今学期練習していたオクターヴ・フェルーの小品から1曲選ぶことになった。こっちはあんまり楽しみじゃないかも・・・。