まずは、ここまで勝ち残った最強の4女神を紹介します!!

                              • -
  • Aブロック:奥真奈美
  • Bブロック:宮澤佐江
  • Cブロック:米沢瑠美
  • Dブロック:永尾まりや
                              • -

・・・なんでこうなったのかよくわかんないんですが、
各対戦を予想しているうちに辿り着いたのがこの4人でした。


「事実は小説よりも奇なり」と言いますから、
多分、本番はもっとドラマチックな展開になるとは思いますが・・・
とにかく、私の中で勝ち残った4人による最終決戦です!!

                              • -
                              • -
  • 準決勝 第1試合

Aブロック代表:奥真奈美 対 Bブロック代表:宮澤佐江
データでは、まーちゃんは「チョキ」「パー」の確率が40%ずつで、
さえが「パー」45%に「グー」30%なんで微妙ではありますが・・・
さえが「パー」を出した場合、あいこか負けの確率が高くなる為、
勝負の主導権を握るのはまーちゃんと見ました。


「奥真奈美 決勝進出!!」

                              • -
                              • -
  • 準決勝 第2試合

Cブロック代表:米沢瑠美 対 Dブロック代表:永尾まりや
データを見た瞬間に「あちゃー」と思ったんですが、
よねちゃんの「チョキ」確率50%に対して、
まりやの「グー」確率70%なんで・・・
ノープランで激突すると、研究生永尾まりやの決勝進出になります!!
このままだと、「研究生がセンターのAKB48」が実現する可能性もありますが、
・・・こんなことが本当にあっていいのでしょうか?!


「研究生永尾まりや 決勝進出!!」

                              • -
                              • -

たった今、準決勝の予想が終わりました・・・
選抜の常連・・・というか、最後の砦となった宮澤佐江が破れ、
そして、研修生が決勝進出という展開。。


これ、予想だからいいけど、
実際にこんな展開になったら武道館はどんな空気になるんでしょう?
・・・だんだんワケわかんなくなってきたけど、
3位決定戦から決勝の順に予想を進めたいと思います。

                              • -
                              • -
  • 3位決定戦

Bブロック代表:宮澤佐江 対 Cブロック代表:米沢瑠美
これはわかりやすいパターンになっちゃいますが、
さえは「パー」確率45%なのに対して、
よねちゃんは「チョキ」確率50%なんで、
一番出す確率が高いもの同士の優劣でよねちゃんの勝ちとなります。


「3位 米沢瑠美」

                              • -
                              • -
  • 決勝戦

Aブロック代表:奥真奈美 対 Dブロック代表:永尾まりや


まーちゃんは「チョキ」「パー」の確率がそれぞれ40%なのに対して、
まりやは「グー」確率が70%なんで、
まーちゃんがどっちを出すかで決まりそうな感じがします。
ちなみに、ガイドブックにはメンバーの占いの結果なんかもあって、
それを見てたらなんとなくまーちゃんの方が運が強そう・・・


というわけで、決勝戦の予想結果は・・・
「優勝 奥真奈美 / 準優勝 永尾まりや」



「AKB48 19thシングルのセンター 奥真奈美」
・・・となりました!!!!

                              • -
                              • -

・・・というわけで、筋書きのない対戦予想は、全く想定外な結末となりました。
ここで、最終結果を見ていきたいと思います。

  • AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会 予想最終結果

Aブロック:中村麻里子(Aブロック準優勝)
Aブロック:峯岸みなみ
Aブロック:倉持明日香
Aブロック:奥真奈美(優勝/センター)
Bブロック:中田ちさと(Bブロック準優勝)
Bブロック:片山陽加
Bブロック:田名部生来
Bブロック:宮澤佐江(4位)
Cブロック:松井咲子
Cブロック:高城亜樹(Cブロック準優勝)
Cブロック:大島優子
Cブロック:米沢瑠美(3位)
Dブロック:増田有華(Dブロック準優勝)
Dブロック:前田亜美
Dブロック:岩佐美咲
Dブロック:永尾まりや(準優勝)

じゃんけん選抜公式ガイドブックの表紙を飾った10人のうち、
勝ち上がりを予想したのは、大島優子・宮澤佐江・高城亜樹・峯岸みなみで、
あとは研究生2名に、7名が初選抜という、
本当にAKB48?って感じの非常にフレッシュな顔ぶれになりました。
これはあくまでも仮想選抜メンバーですが、
「じゃんけん」だとこういう選抜メンバーになる可能性もあるって事で、
一つの可能性を提示できただけでも、予想してみてよかったなぁって思っています。


今回はスタッフと20回「じゃんけん」した中で、
「グー」「チョキ」「パー」のどれを出す傾向が強いのか、
そして、お互いが出しやすいものを出した場合に、どう優劣がつくのかをメインに、
勝敗予想をしていったわけですが・・・


・・・実際にはこのとおりにはならないと思っています。


全員が運を天に委ねて「じゃんけん」をしたとすれば、
自ずと出す傾向が強いものを無意識のうちに出していると思うんですが、
頭で色々考えたり、コレを出すって最初から決め打ちしたりするなど、
意識して手を出す事によって、当然結果は変わってきます。
"武道館"という舞台設定に緊張してしまって、
手を固く握ったまま「グー」を出す事だってあるかもしれません。
(そういう相手には「パー」を出せばまず負けないというセオリーもあります。)


さらに1回目のじゃんけんが「あいこ」になった場合は、

  • 次も同じ手を出す
  • あいこになった手より強い手を出す
  • あいこになった手より強い手を出すと読んで、さらにその手より強い手を出す

・・・という3択をする必要があり、
回を重ねる毎に、咄嗟の判断力や戦略が必要となってきます。


それは勝ち進んでいった場合も同様で、
弦を担いで同じ手でいくのか、色々考えて手を変えていくのか、
勝ち続ける事で、かえって次の手を迷わせる事になるのか・・・
運だけでなく、精神力を問われる戦いにもなってくるでしょう。


勿論、対戦相手によってもそれは異なってきます。
天然タイプ、気合いタイプ、戦略タイプと色んなタイプのコがいるから、
何も考えずデータどおりに出してまんまとやられる事もあれば、
練りに練った戦略が、無意識で出した手にやられる事だってあるんで・・・


結局のところは、全部の要素をひっくるめて"運が強い者が勝つ"
つまり、持ってる人は自ずと勝ち進むって事になります。



では、誰が一番運を持っているのか・・・
それを見届ける場所こそが9月21日の日本武道館というわけです。
選抜総選挙と違って頼れるのは己の運のみ。
文字どおり、腕一本で明暗をわける世紀のサバイバルマッチに刮目せよ!!

AKB48 じゃんけん選抜公式ガイドブック (光文社ブックス 91)AKB48 じゃんけん選抜公式ガイドブック (光文社ブックス 91)

光文社 2010-08-31
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最後に、ガイドブックのインタビューで、
「選抜には入りたいけどセンターは嫌だ」っていうのを見たんですが、
チャンスをチャンスと思えないような消極的なコには、
勝ち上がってほしくないなぁって思いました。


「じゃんけん」なんで、それこそどうなるかわからないけど・・・
幸運の女神には、マジなコにこそ微笑んでほしい。
・・・心からそう思います。